家系ラーメンの総本山吉村家

ラーメンには様々なジャンルがあるが

かつて爆発的なブームを巻き起こし

家系ラーメンというジャンルを

確立した立役者。

全ての伝説はここから生み出された

家系ラーメンの総本山

【吉村家】にいってまいりました。

かつて一大センセーショナルを巻き起こし

巷を賑わせたのは20年以上前。

ラーメンでここまで話題になったのは

後にも先にもここ【吉村家】以外には

ありません。

家系ラーメンのブームも落ち着いて

いる今日この頃。

いま【吉村家】はどうなっているのでしょう。

場所は横浜駅西口から徒歩5分

立地的には申し分ない場所です。

混雑を避けて平日昼前の11時半ごろ

到着しすんなり入れるだろうと

たかをくくってましたが

ご覧のありさま。

みんな考えることは一緒なんですね。

こんなに並んでる。

土日の昼時に行ったらどんだけなんだろう。

道にはみ出しちゃうんじゃないだろうか。

ブームが去っても変わらず

不動の人気を誇る店の証拠です

恐るべし家系総本山!

並び方も独自のローカルルールがあり

ここでは食券を買ってから外の列に並びます。

ラーメン+味玉+ライス

王道のセットで食券購入です。

混雑ぶりからするに1時間くらいは

待つのを覚悟しました。

しかし、またも独自のさばきかたで

一度に12・3名を1ロットに入れ替え

2交代制で交互に店内に案内します。

なので行列のわりに一気に進んでいきます。

客が食べ終え店をでたら一気に12・3名

店内に案内されるので

外いっぱいの行列もどんどん店内に

吸い込まれていきます。

結局30分ほどで店内に入れました。

お水をセルフで用意し着席したら

順番に好みを聞かれます。

今回は「かため」のみを伝え

出来上がりを待ちます。

一度に12・3人分の麺を茹で

かための順に麺上げしていきます。

家系ラーメンの真骨頂

こだわりの平ザルです。

デボは使いません。

そうこうしているうちに

きました。

着丼!

これぞ家系ラーメン。

家系といえば

濃いめの豚骨醤油のスープに

ノリ・チャーシュー・ほうれん草

のトッピング。

煮卵を追加したら完璧です。

中太麺に

濃厚なスープに絡まり

絶妙な相性です。

それと忘れたらいけないのが

ライスのトッピング

濃いめの豚骨醤油のスープに

ライスが抜群に合うんですよね。

大判の海苔をスープに浸して

ライスを巻いて食べたら

至福の逸品です。

まさに炭水化物オンザ炭水化物。

幸せです。

夢中に食べていると

気がついたら

完まくです。

数多くの家系ラーメンを

食べてきましたけど

やっぱりそこは総本山。

バランスがいいです。

そこには計算され尽くされた

味の方程式があるんでしょう。

そこを感じさせない

ただ純粋に美味いと

思わせる裏には

努力の結晶というスパイスが

これでもかといわんばかりに

注ぎ込まれているんでしょうね。

ルーツを知りたい方はこちらをどうぞ↓

店外に並んでいると

でかでかと

こんなポスターが

貼ってありました。

ランチパックにまでなっています。

ついに家系ラーメンもここまできました。

なんでもありか。(汗)

それほどメジャーな存在にまで上り詰めたんですね。

これほどに

食のカルチャーに影響を

与えたラーメン文化の

1つのジャンルを確率した

横浜家系ラーメンの

総本山『吉村家』。

そのルーツを食べに行ってみませんか!

コメントを残す