寝袋はコレ1つでOK!家族みんなで使えるコールマンのファミリー2in1

キャンプ

寝袋を家族人数分揃えるのは大変

悩んでいる人

こんな悩みを解決しよう!

本記事の内容
  • ファミリーキャンプで使える寝袋
  • 【コールマン】ファミリー2in1のいいところ

ムテキスター

キャンプにどっぷりハマって訪れた全国のキャンプ場は50カ所以上。家族をまきこみながらアウトドアで大自然とたわむれているファミリーキャンパーのムテキスター(@_mutekistar)が書いてます⭐️ 保有しているキャンプギアはもうすぐ100個以上に。絶賛増殖中〜(笑)。 キャンプマニアの一押しギアもご紹介していきますね!

ファミリーキャンプで使える寝袋

寝袋

家族人数分の寝袋買い揃えるのって大変。

荷物も増えるし…

キャンプをやるにも道具を買いそろえるのは大変。

家族分そろえなきゃいけないモノはなおさら。

荷物もおサイフも圧迫してしまう。

なるべくコンパクトにリーズナブルに済ませたいもの。

そんな時にキャンプギアも家族で共有できたらありがたい。

【コールマン】ファミリー2in1ならパパ・ママ・キッズが一緒に入れる寝袋なのでそんな問題も解決する。

【コールマン】ファミリー2in1に決まり!

寝袋

なんといっても特徴はパパ・ママ・キッズの3人分がコレ1枚でいいところ。

家族一緒に入れる寝袋なのだ。

とはいえ身長も体格も違う大人と子どもが一緒に使えるのにはどんな工夫があるのだろうか?

スペック

まず基本的なスペックはこちら。

  • 快適温度:5℃以上
  • 使用時サイズ:約168×190cm / 約84×190cm(分割時)
  • 収納時サイズ:約ø35×42cm
  • 総重量:約3.7kg
  • 材質:表地/ポリエステル(起毛仕上げ) 裏地/ポリエステル(起毛仕上げ) 中綿/ポリエステル
  • 付属品:EZキャリーケース

出典:Amazon

ファミリーで使える理由

体の大きさや体格の違う家族が一緒に使えるのには理由がある。

サーマルスプリットカラーと呼ばれる首元を温めてくれる突起がついているので冷気をシャットアウトしてくれるのだ。

出典:Amazon

このサーマルスプリットカラーがすぐれもので最大の特徴である。

寝袋って首回りから冷気が入ってきて寒さを感じて落ち着いて寝ることができないのはよくあること。

しかしファミリー2in1は首回りを保護してくれるから冷気を遮断し暖かい空気を滞めこみ逃さないので快適だ。

しかもスプリットカラーが人数分セパレートされているので、

体格の違うファミリーが一緒に使える工夫がなされている。

小さいお子さんと一緒でも安心だ。

コールマン ファミリー2in1

出典:コールマン

多様性

さらに特出すべきは多様性に優れていること。

上下分離すれば1人用が2つにセパレートできる。

敷布団と掛け布団に分けることができたりと使い方はさまざまだ。

また広げて1枚で使えば約168×190cmのマットレスにもなり多様性に優れている。

出典:コールマン

丸洗い可能

寝袋ってきれいにしておくのが大変。

家族が使うものだから清潔にしておきたいし…

なんとファミリー2in1は洗濯機で丸洗いができるのだ。

汚れやすいキャンプでの使用も気にならない。

丸洗いできるのは大変ありがたいポイント!

キャンプ毎にきれいな寝袋で寝れるのは気持ちがいい。

出典:コールマン

収納もコンパクト

キャンプ道具をあれこれ用意するとかさばるもの。

ファミリーキャンプなら家族分の荷物や着替えが必要なのでなおさら。

車載もパンパンだ。

そうなると寝袋の収納性も重要になってくる。

ファミリー2in1ならそもそも家族分まとめて寝袋1つで済むのでありがたい。

家族分の寝袋をそろえていたら経済的にも負担が大きいが荷物もそれだけ増えてしまう。

ただでさえ荷物が多くなるファミリーキャンパーには死活問題。

そんな時にファミリー2in1なら寝袋の荷物が1つで済むのは大きなアドバンテージになるはずだ。

しかも丸めてコンパクトに収納することができるので車載を圧迫しない。

コールマン ファミリー2in1

出典:コールマン

しかも収納袋もついているので持ち運びも楽チン。

コールマン ファミリー2in1

出典:コールマン

車載に余裕がなければ後部座席に座布団がわりに広げてもいいし、

掛け布団がわりに広げれば邪魔にならないはずだ。

コスパに優れている

なんといってもコスパに優れているのがうれしいポイントだ!

何度も書くが家族1枚で済むので人数分の寝袋をそろえるより当然コスパはいい。

キャンプ道具をそろえていくとどうしても出費がかさんでくるもの。

少しでも費用が抑えられるのはありがたい。

ファミリーキャンパーにとってキャンプギアは家計とのやりくりが宿命だ。

寝袋はキャンプギアでも用意する必要性に迫られるアイテム。

コスパに優れているのは寝袋選ぶうえで大きなポイントになる。

イマイチなところ

ここまで弱点なしのファミリー2in1だが優れたポイントだけでは信憑性がないので実際に使ってみてイマイチだった点も挙げてみよう。

まずはどの寝袋にもいえることだが下にマットを敷かないと寝袋だけでは寝ることができない。

地面がかたく背中が痛いし、底冷えの原因になるので下にマットを敷く必要がある。

快適に寝るためにはインフレターマットなどが必要なのであわせて用意しよう!

次にスペックにも記述があるが快適温度は5℃以上。

キャンプでの夜は案外冷え込むもの。

いくらテント内は暖かいとはいえ冬に近づくと5℃以下になることも多い。

そうなるとファミリー2in1だけだと寒くて寝れない。

しかし季節ごとに寝袋を用意するのは大変だ。

そんな時は寝袋の中に毛布をあわせることや、電源サイトで電気毛布を使うなど工夫が必要になる。

とはいっても3シーズン(春・夏・秋)は十分対応できるので安心だ。

寝袋を持ってファミリーキャンプに出かけよう!

キャンプ 切手

あれこれ書いたが細かいことは気にせずに家族で使える寝袋のファミリー2in1。

キャンプにおいて寝袋は必須なのでそろえたいところ。

とりあえずこれ1枚持っておけばファミリーキャンプの寝袋が事足りるだろう。

寝袋を用意してファミリーキャンプ を楽しもう!

コメントを残す