登山者の味方スリーピングマットの定番 「サーマレスト」 Zライトソルはファミリーキャンプでも 大活躍だった!

数あるスリーピングマットの中で定番中の定番(特に登山やソロキャンプをする人には)

モストオブ鉄板スリーピングマットが「サーマレスト」Zライトソル!

今回は定番になるにはやはり理由があるのかと徹底レビュー。

あわせて登山の定番ならキャンプやあらゆるシーンでも使えるんじゃないかと詳しく調べていくことにする。

 

クッション性

厚さ2cmにもかかわらず快適なクッション性を実現している。

秘密はこの卵ケースのようなデコボコ。

この凹凸が寝心地を快適なものにしているのだ。

 

保温性

このデコボコが空気を含み高い保温性を実現。

スリーピングマットの保温性は断熱性をR値という値で表される。

この値が高ければ高いほど断熱力があるということ。

もし断熱力が低いと冷たい地面に体温の熱が奪われて寒くて眠られない。

ZライトソルはこのR値が2.6と高いため(一般的な銀マットはR値0.25~0.5程度)

冷たい地面と体の間にバリアをはってくれるのだ。

体感的には春~秋まで3シーズンは余裕で対応できる。

もっとも更に厳しい寒さの場合、ファミリーキャンプでは暖房器具等で別の寒さ対策もするはずなので

そこまで過酷な環境に耐えれれなくても問題なし。

さらに暑いときは銀色の部分を地面に向け地面から出る熱を反射させ体に届け無いようにし、

反対に寒いときは銀色部分を自分に向けると体から出る熱を反射させ熱を逃がさないようにすると熱電動を有効に使え快適に過ごすことができる。

 

重量

410gとペットボトルより軽いのでストレスなく持ち運びできる。

登山者が好んでザックにパッキングする理由がわかる。

何時間もザックを背負い続ける登山者に重量は死活問題。

これは登山者だけでなくピクニックなどのレジャーに持ち出す際にも大きく影響する。

持ち歩く荷物は少しでも軽くしたいですもんね。

これなら子供が担いでも全然つらくない重さ。

 

クローズドセル

なんていったって最大の特徴は広げるだけで展開できること。

実はいろんな形状の種類があるスリーピングマットだが、このZライトセルに代表されるかたちはクローズドセルという種類。

名前の通り閉じるだけで折りたたみができて使うときは広げるだけ。

いたってシンプル!

この手軽さが最大の魅力。

また、このデコボコが重なり合うことによりコンパクトに折りたたむことができよく考えられている。

 

大きさ

レギュラーサイズで51×183cm大人もすっぽり収まる安心のサイズ。

51×130cmのスモールサイズもあり、枕や足はのらなくてもいいならスモールサイズの選択もあり。

特に登山などで荷物を極力軽くコンパクトにしたい場合はスモールサイズでもいいかもしれない。

意外と荷物やザックを枕にしたりすればカバーできちゃう。

足なんてはみ出しても問題なし。

登山者はスモールサイズにして軽くコンパクトにしている人が多い気がする。

 

耐久性

エア漏れの心配なしで多少荒っぽく扱っても壊れる気がしない。

また、経年劣化もそれほどなさそうで長持ちしそう。

 

ウィークポイント

ここまで完璧で弱点なしと思われるZライトソルだが、強いてあげれば携帯性ですかね。

Zライトソルに限らずクローズドセルは、広げるだけの構造の為折りたたんだ時かさばる。

ザックの中に収納できなく質全的にザックの上下にスタッキングするスタイルになってしまうのだが(よく見る光景でこれはこれでかっこいいです。)、ファミリーキャンプでは車に荷物を載せると思うので全く問題なし。

むしろ軽くてコンパクトになるので車載はすっきりします。

 

汎用性

使ってみて気が付いたのだが地面に敷いて寝ても痛くないなら、クルマの運転席に敷いても効果あるんじゃない!?

と思って試しに敷いてみたら

あら不思議!!

全然ツラくない。

長距離運転の際ずっと座っていると辛いですよね。

でも運転席にZライトソルを敷くと断然違います。

全然お尻が痛くならないのです。

何時間座りっぱなしでも

へっちゃらです。

実は普段立ち仕事をしているので、座り続けるのって実は結構しんどかったりします。

むしろ立っている方が楽なくらい。

座り慣れていないからかずっと座っていると腰やお尻が痛くなって苦痛。

そんな私でもZライトソルの上に座るだけで疲労感が大幅に軽減されます。

実は今回伊勢志摩への遠征キャンプ用にとマットを新調したのですが、自宅の横浜から伊勢志摩まで片道6時間座りっぱなしで運転席にZライトソルを敷いて運転していったのですが座っているのが全然苦痛じゃなかった。

お尻と背中を包み込むようにクッションが効いて快適なドライブへと導いてくれた。

車中で仮眠や車中泊する際も、Zライトソルを広げて寝れば即席ベッドの出来上がりで非常に快適な寝心地を演出してくれますよ。

こんな使い方もあるのかと実際使用してみて新たな発見だった。

それ以外でもグランドシートの上の置いてお座敷スタイルの座布団にしたり、ちょっとお昼寝のマットにしたり。

しかも頭側を何回か折りたためば簡易枕にもなり大変便利!

奥様のヨガマットにしたり、お子様のお昼寝マットにしたりととにかく汎用性があり色々なシーンに合わせた使い方ができるのが一番の魅力ではないでしょうか!

 

コスパ

価格だけでいえばアウトドア通販最大手「ナチュラム」のPBブランド<ハイランダー>のスエードインフレターマットなら半分の値段で厚みが倍近く抜群の寝心地が保証されるマットが手に入るのですが(ナチュラムの企業努力が群を抜けているから良心的な価格が実現できているのです。)、

詳しくはこちらの記事で↓

キャンパーの強い味方【ハイランダー】スエードインフレターマットはコスパ最強だった!

耐久性や携帯性、汎用性などをトータル的に考えると決して高い買い物ではないと思う。

もとはじゅうぶん取れるだけのポイントがあり長期的に考えてコスパに優れている!

 

まとめ

ソロキャンプや登山者には大鉄板アイテムのスリーピングマット

サーマレストのZライトソルをあえてファミリーキャンプでも選択するのは多様な使い方ができるからなのだ。

わざわざファミーリーキャンパーのオートサイトでZライトソルを選択する必要はないかもしれない。

しかも、車だから軽量なのはそれほどアドバンテージではないのにZライトソルを選ぶのにはこの汎用性があるから。

いろいろなシーンに応じて使い分けができ持ち運びも軽くて荷物にならない。

これが最大の魅力!

耐久性もあるので長く使い続けることができトータル的にコスパよし。

鉄板には鉄板になる必要が必ずあるのだ!

キャンプやピクニックのアウトドア全般で大活躍すること間違いなしのZライトソルを持ち出して、アウトドアライフを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか!!

 

コメントを残す