これぞ家系ラーメンの教科書 新杉田にある家系ラーメン 杉田家 

これぞ家系ラーメンの教科書

新杉田にある家系ラーメン

杉田家!!

ということで

行ってきましたー。

ここは泣く子も黙る

家系ラーメン総本山

『吉村家』の直系一号店

その伝統を継承しています。

『吉村家』創業の地

かつて新杉田で営業していた際

『吉村家』の道を挟んだ向かい側に

店舗を構え

『吉村屋』がいまの

横浜駅に移転すると同時に

開店したお店。

筋金入りの『吉村家』の一番弟子が

許された直系の継承店です。

ルーツを知りたい方はこちら↓

直系の伝承はいたるところに垣間見れます

まずは並び方

店内の食券を購入してから

外の列に並びます。

平日のお昼時間ピークを過ぎた

14時にも関わらず

この行列。

さすがです。

しかも営業時間5:00〜翌1:00

かつてこの地にあった『吉村家』

と同じくストイックに営業します。

シンプルにラーメンとライスを購入しました。

店内総入れ替え制で

全員が食べ終わって

お客さんが全員店を出たら

新規を入れるという方法です。

まさに直系スタイル。

なので長蛇の列も

2回転くらいで店内に案内されました。

それでも20分くらいは

待ちましたけど。

さすがに混む時間は避けて

訪問したにも関わらず

平日のこの時間に衝撃でした。

外で待っている間に

店員さんが食券の確認と好みを聞きにきます。

一度に店内に入れる15名ほど

全員のオーダーを暗記します。

すげー!!!

店内に入ったら

店員さんが先ほど聞いてまわった

オーダーと好みを

一度に厨房に流します。

「固め・固め・普通・多め・濃いめ・・・」

呪文のようです。

しかもあんな一瞬で一斉に客の注文を全て

覚えるのもすごいし

厨房で聞く方もよく覚えられるなーと

関心するばかり。

だてに厳しい修行をやり抜いて

直系から独立したお店ではありません。

『吉村屋』のイズムが入ってます。

店員さんは全員お決まりの

白の作業服。

こちらも本家の継承スタイルです。

厨房では一斉に丼を並べ

準備に取り掛かります。

ここで見るのは

麺上げの平ザルです。

これも直系のこだわりです。

家系とはいえテボを使うお店が多い中

(↓ラーメン屋さんでよくみるテボ)

直系は安定の平ザルです。

出典:AMAZON

一度にたくさんの麺を一斉に茹で

平ザルで一人前ずつ

麺上げしていくあのスタイルは

まさに熟練技です。

麺は直系のみ使用が許されている

「酒井製麺」

もっちりした太麺が

まさに家系の証

象徴ともいえる麺です。

ほどなくして

着丼です。

はい。

美しい。

のり、ほうれん草、チャーシュー

教科書通りの家系ラーメンですね。

このビジュアルたまりません。

まさに家系の原点にたちかえったような

そんな気分にさせてくれます。

大判の海苔にほうれん草

直系特有の燻製チャーシュー

大ぶりで食べ応えあります。

ここ杉田家のチャーシューは

燻製が控えめな感じです。

ある意味クセがなく

食べやすいです。

調味料も本家のラインナップ

見事にスープをパワーアップさえてくれる

行者にんにく。

スープにパンチを利かせてくれます。

ライスと相性抜群で

口の中をさっぱりさせてくれる

刻みしょうが。

スープの味変担当

ラーメン酢

本家で見慣れたラインナップです。

こういった細かい所も

忠実に継承していて

嬉しいかぎりです。

ライス(150円)は同料金で

白飯かチャーシューの切れ端を使った

「まぶし」に選択可能

そりゃ頼むでしょ!

「ま・ぶ・し」。

どんだけサービス精神が豊富なの。

嬉しい限りです(^ ^)

ほんと数ある家系ラーメンを食べてきましたが

忘れていた家系の原点

まさに教科書のような家系ラーメン

これを家系と言わず何を家系と呼ぶ!

という味です。

スープ・麺・ほうれん草・のり・チャーシュー

どれをとっても王道の味

それぞれのバランスが相まって

均一な絶妙な味を完成させています。

クセがない

全てが計算され尽くした味が

一つのどんぶりで完成されています。

ほんとにクセがない食べやすい

味なので

家系の原点を知る上では

外せないお店です。

ここの味を基準に

自分好みの家系を開拓していくのも

楽しいと思います。

ガツンとパンチの利いた濃ゆい

家系ラーメンや↓

横浜家系ラーメン 環2家

独立系、他の直系店など

家系とひとくくりに出来ないほど

多種多様な個性が家系ラーメンには

ひしめいています。

それぞれの歴史やルーツを

振り返りながら

知っていくのも

味に深みをますスパイスになります。

そんな家系ラーメンのルーツ。

家系ラーメンの

家系図にはじめて線が結んだ

『杉田家』にみなさんも

訪れてみてはいかがでしょうか。

ラーメン杉田家 千葉店
横浜家系ラーメンを堪能。 家訓の元、日々精進中。
[住所]千葉県千葉市中央区祐光4-17-7
posted with タベレバ

コメントを残す