赤ちゃんから大人までウォーターサーバーを生活に取りいれよう!

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーって高いんでしょ?

ムテキスター

こんな疑問を解決しよう!

本記事の内容
  • ウォーターサーバーの導入メリット
  • ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーの導入メリット

ウォーターサーバーといえば店舗のロビーや病院の待合室にあるイメージで、家庭にまだ導入していない方も多いとおもう。

この記事ではウォーターサーバーを家庭に導入してよかったことをご紹介していきたい。

飲料用に最適

まずなんといっても手軽に飲料用として常備できる点。

これにつきる。

家庭でペットボトルの水を備蓄するには都度スーパーなどで購入しなければならない。

持ち運びも重いし大変。

さらに冷やしておくとなると冷蔵庫のスペースも占拠してしまう。

かといって浄水器つけて飲むのも面倒。

ウォーターサーバーがあれば上記の問題を一度に解決してくれる。

いつでも手軽に飲みたい時に必要な分だけ飲めるのだ。

赤ちゃんでも安心して飲める品質

プレミアムウォーターなら品質も抜群。

日本各地の厳選した採水地の『軟水』をいただける。

『硬水』だとミネラルが多く含まれるため、赤ちゃんには負担が大きく避けるほうがいいとされている。

プレミアムウォーターより

プレミアムウォーターであればどの採水地でも『軟水』なので安心。

関東住みの我が家は富士山麓の地下水が毎回届けられてくる。

ウォーターサーバーを導入したきっかけは赤ちゃんができたから。

3時間ごとに起きる赤ちゃんのミルク用に導入したのがはじまり。

急に夜泣きする赤ちゃんのミルクを作るのにお湯を沸かしてミルクを準備してなんて赤ちゃんは待ったなしだ。

これがウォーターサーバーならすぐにお湯が出るのでたいへん重宝した。

急に「えーん!!」とサイレンがなっても慌てることなくミルクの準備にとりかれた。

これだけでママの負担は大幅に軽減できるし、育児に慣れていないパパでもオドオドしなくてすむ。

しかも熱湯が出るお湯は安全ロックがかかっているので小さなお子さんがイタズラしても大丈夫。

妊娠中のママにも安心して飲むことができるから早めの導入がおすすめ!

飲料・料理用にも最適

普段の飲料用にも赤ちゃんのミルクにはじまり離乳食を作る料理用にも安心して使えるのがうれしいポイント。

子供が大きくなってからも保育園や小学校に持っていく水筒用になど使うシーンはさまざま。

またパパやママのコーヒー・紅茶用にも使えたり、急な来客用にさっとお茶を準備したりと色んなシチュエーションで役立つのがうれしい。

もちろん料理や炊飯用に使えば味も抜群!

急な災害時にも安心。備蓄できる水

ウォーターサーバーの水は備蓄ができる。

半年は置いとけるので急な災害時のために備蓄用としても置いておける。

何かあると人々は急にパニックをおこし生活インフラも崩壊しかねない。

生活必需品や食材も手に入らないなてことも起こりうる。

お水までなくなってしまったら大変。

もしもの備えは必要なのだ!

サーバーレンタル代・配送料無料

でもウォーターサーバーの水って割高なんでしょ?

ムテキスター

いえいえ!500mlあたり68円なので高くありません。

しかもサーバーレンタル料は無料の物もあるし、配送料もかからない。

さらに3年パックやマムクラブといって5歳以下のお子さんがいる家庭向けプランならさらにお安く手に入るプランもある。

ウォーターサーバーのデメリット

コストがかかる

水は一定間隔で注文する必要がありスーパーなどに比べれば割高に感じるかもしれない。

しかし、厳選された国内採水地で取れた安心品質のお水が手に入ると考えれば決して高い代物ではないはず。

配送料無料もかからないので購入する運賃や手間を含めるとむしろコスパに優れている。

重量がある

ウォーターサーバー用のお水は12ℓと女性が持ち上げるには大変。

でもそれは大容量である裏返し。

一度セットしてしまえばいつでも水が使える。

配送料無料で届けてくれるので玄関まで持ち運びも必要ないからこまめに買い物して持ち運ぶ必要がない。

12ℓだと重くて持ち上がるか心配な方には、スリムタイプの7ℓタイプもあるし、マムクラブなら下置きタイプのサーバーもあるので大丈夫!

生活にウォーターサーバーをとりいれよう!

普段使いの飲料・料理用にも、もしもの備蓄用にもウォーターサーバーを生活に取り入れるととっても便利。

特に妊婦さんやこれから子供ができるご家庭にはなくてはならないといってもいいほど活躍してくれます。

待ったなしの子育てでウォーターサーバーがどれだけ助かったか。

なかったら考えるだけでゾッとする。

妊婦さんや赤ちゃんを抱いて重たい水を持ち運ぶなんてできない。

ましてや旦那さんがフォローしきれるかといったら無理だ。

そんな時にウォーターサーバーが家にあれば助かるはず。

赤ちゃんのミルク用に取り入れたウォーターサーバーも便利すぎて、いまだに使い続けている。

一度手にしたらもう手放せない!

コメントを残す