ふるさと納税で日本一おいしいお米を食べてみませんか?

いままで食べてきた
お米の概念を
変えてくれる。
 
日本一の
おいしいお米を
食べたことがありますか?
 
岐阜県飛騨地域で
育てられる
限られた条件を
満たした
特別栽培米
 
その名も
 

銀の朏(ぎんのみかづき)

お米のコンテストで3年連続
日本一になり
数々のお米コンテストの
称号をほしいままに
獲得している
折り紙付きのプレミアム米
なんです。
 
 
最大の特徴は
コシヒカリの1.5倍ある
粒の大きさ。
「いのちの壱」という
品種のお米です。
 
(写真左が銀の朏、右がコシヒカリ)
 
岐阜県飛騨地域の
限られた場所で
育てられ
細かな条件を満たして
育てられた
特別栽培米です。
 
特別栽培米とは、
一般的な栽培方法から
農薬や化学肥料の窒素成分量を
50%以上カットして作られた
お米のみ表示できる
栽培方法です。
 
加えて
飛騨地域の風土を生かした
広大な自然と
ミネラル豊富な水、
寒暖差のある
気候のなかで
すくすく育てられた
ご当地プレミアム米です。
 
 
つやつやでハリがあり
味わいは
噛めば噛むほどに
もちもちとした粘りと
甘さがにじみ出てきます。
大粒なので舌触りもよく
食べ応えがあります。
 
 
出会ったきっかけは偶然。
 
家族で岐阜に遠征キャンプへ行った時
食材は現地調達で
せっかくなら
地場のものを食べたいと
地元のスーパー物色していると
ご当地コーナーで
見かけたもの。
米も地場のものがあるのかと
少し割高でしたが
せっかくだと思い購入しだのが
出会いでした。
いただいてみると
あまりの美味しさに
家族全員おかずそっちのけで
夢中で食べていました。
まさに銀しゃりです。
 
 
 
炊飯の水加減は
大粒で水をいっぱ吸うので
普段の目盛りより
水は少なめでいいと思います。
 
生産者も炊飯の水は
少なめで炊くことを
推奨しています。
3号炊きの場合
水の目盛りは
2.8程度でいいとしています。
また浸水は必要なく
軽く研いだら
そのまま炊飯していいそうです。
 
また冷めても美味しさはそのままに
噛めば噛むほどに
出てくる甘さは継続してくれます。
そんなお米で作った
おむすびは格別おいしいです。
 
 
 
希少なのであまり出回らなく
手に入るのは
生産地周辺か
限られたところでしか
販売していないです。
 
生産量も限られているので
まさに早い者勝ち。
見つけたら即買い必至です。
 
みなさんも
ふるさと納税でお得に
税制のメリットを得つつ
生産地にも恩恵を還元し
地域活性化に役立ち
何より日本一の
おいしいお米を食べられる
いいこと尽くめの方法で
 
銀の朏(ぎんのみかづき)
 
日本一の特別栽培米を
食べてみては
いかがでしょうか!
 
 

コメントを残す