文章が書けない。ネタ切れを解消する方法とは?

悩み

ブログやTwitterの文章がネタ切れで書けない。。

ムテキスター

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • ネタ切れのメカニズムとは?
  • ネタ切れをなくす方法

ムテキスター

ブログやTwitterを続けているとだんだんネタが切れてきますよね?

書きたい気持ちはあっても手が進まない。

こんな悩みを解決します。

この方法を知ればネタ切れなんて起きなくなりますよ❗️

ネタ切れのメカニズムとは?

メカニズム

そもそもネタ切れはどうしておきるのでしょう?

その原因はずばり!

自分が書きたいことを書いているからなんです。

えっ?みんな自分が書きたいこと書くんじゃないの??

ムテキスター

そう。だからネタ切れするんです!

自分が書きたいことを書いているとだんだんネタが切れて書くことができなくなってしまいます。

しかも自分が書きたいことは相手が読みたいこととは限りません。

読まれる文章とは相手の悩みを解決してあげることが大事なんです。

検索エンジンで調べるときは『悩みを解決したい』、『詳しく知りたい』と思って調べますよね?

その答えを書いてあげることが読みたくなる文章。

つまり読まれる文章なのです!

結果として読者の悩みを解決してあげられる文章が検索上位になります。

まずは読者の悩みを解決してあげられる文章を書く必要があることを理解しましょう。

関係ないようですが、この悩みを解決してあげる書き方がネタ切れをしなくなる方法でもあるのです。

ネタ切れをなくす方法

タスク確認

悩みを解決してあげられる文章でどのようにネタ切れをなくすのかを説明していきます。

キーワード選定

ネタ切れをなくす方法とは?

まずはキーワード選定をしていくことで実質ネタ切れをなくすことができます。

STEP.1
読者の悩み
STEP.2
キーワードを模索
STEP.3
キーワードの絞り込み
読まれる文章

という流れでキーワードを選定していくことでネタ切れはなくなります。

読者の悩み▶︎キーワードを模索▶︎キーワードの絞りこみ

ポイントは自分で書きたいことをテーマにするのではなく、

読者の悩みを絞り出しテーマにして書くことです。

ポイント
書きたいテーマを書くのでなく読者の悩みをテーマにしよう!

外注

それはわかったけど書く時間がない。。

ムテキスター

仕事から帰ってきてからの副業だから時間がさけない。

仕事が終わってから記事を書く元気がない。

こんな声も聞こえてきそうです。

そんな時は思いきって記事を外注してしまいましょう!

記事の外注はクラウドソーシングなどで案外カンタンにお願いできちゃいます。

クラウドソーシングって副業やフリーランスが仕事を探すイメージですが、

仕事の受注だけでなく発注もできるんです。

有名なところだと

CrowdWorks(クラウドワークス) Bizseek で記事を外注することができます。

記事を作りたいけど時間がさけない。

書くのに時間がかかってしまい効率が悪い。

なんて人は思い切って外注してみるのもありかも!

ポイント
どうしても文章がかけない時は記事を外注しよう!

文章自動作成ツール

記事を外注する方法はわかったけど

記事を外注するのって何をお願いすればいいのかわからない。

費用もかかるんでしょ?

やりとりがめんどくさい。。

というかたは文章作成ツールにたよってしまうのも方法です。

文章作成ツールはいろんなジャンルの記事テンプレがつまっているツールなので自分が書きたい記事内容が必ずみつかります。

しかも文章を挿入するだけで記事が出来あがってしまうすぐれもの。

これがあればそもそも外注すら必要ないかもしれません。

多種多様なジャンルが一同に集約されているので、自分が詳しくないジャンルでも記事にできます。

詳しくないけど需要がありそうなジャンルやテーマを狙い撃ちにして記事にすることができてしまうんです。

もっというとブログ自体も自動化できてしまうほど。

初心者には管理が大変なブログの複数運営もできてしまいます。

一度の投資で無数の記事が手に入り自動で記事作成できるならば導入を検討してもいいかもしれません。

1人で複数のサイトを運営しながら収入の蛇口を増やすことも夢ではありません!

ネタ切れをなくして記事を生産しよう!

タスク完了

ネタ切れのメカニズムや解決の方法を知ってしまえば、

ネタ切れで悩むなんてことは回避できるんです。

悩んでいて時間だけ浪費していくのは生産性が低くもったいないですよね。

ネタ切れの原因を理解し、解決する手段を知ることで文章に悩むなんてことはないんです。

もう一度おさらいすると、

ネタ切れの原因は自分が書きたいことを書こうとしているから。

読者の悩みを抽出し解決に導いてあげるテーマにそって記事を書くことでネタ切れはなくなる。

文章を書けなければ外注や文章作成ツールをうまく取り入れ効率化をはかり手間を省く。

どうですか?

わかってしまえば意外とたいしたことないんです。

ネタ切れに悩んでいた時間をもっと別のことにむけて生産性をあげていきましょう!

この記事のまとめ

▶︎ネタ切れに悩むのは自分が書きたい記事を書いているから。相手の悩みを解決できる記事を書こう。

▶︎記事が書けなければCrowdWorks(クラウドワークス) Bizseek に記事を外注することができます。

▶︎多様な記事を書きたければ文章自動作成ツール“PSW_ver.2”『インフォトップ殿堂入り商品』を活用しよう!

1 COMMENT

コメントを残す