【横浜家系ラーメン】近藤家本店

ラーメン

家系ラーメンは気になるけどこってりしたラーメンは苦手

ムテキスター

こんな悩みを解決しよう!

本記事の内容

家系ラーメンながらあっさりとした味が特徴の「近藤家」をレビュー

吉村家総本山、本牧家、六角家、介一家とあまたの横浜家系ラーメンを経験したオーナーが満を辞して立ち上げたのが近藤家だ。

場所は横浜市営地下鉄グリーンラインの「北山田駅」から徒歩5分にお店を構え、

雑居ビルの一画ながら黄色い看板がこれでもかと目に飛びこんでくる店構え。

家系ラーメンの中でもかなりあっさりとした部類だが、

やさしいスープで決して物足りなさを感じさせない味わい深さが特徴のラーメンだった。

今回はあっさり家系ラーメン近藤家をレビューしていきたい。

あっさりとした家系ラーメン

ラーメン仕込み

なんといっても近藤家の最大の特徴は家系ラーメンの中でもかなりあっさりとしたスープだ。

ラーメン

決して味が薄いわけでなくあっさりとしたスープにも塩気のパンチが効いたスープなのだ。

家系ラーメンといえばこってりとんこつに醤油を合わした濃厚なスープがイメージされるが、

ここ近藤家は家系ラーメンでもあっさり豚骨だが塩気がきいたスープに鶏油がきいている。

そう、

「ポイントは鶏油!」

鶏油がしっかり効いているのであっさりしたなかにも奥深い味わいを作り出せる。

ラーメン

重ねて言うが決して薄いわけではない。

家系は豚骨醤油だが、近藤家は豚骨塩ベースといったところ。

あっさりとしていて物足りないのではないかとあなどるなかれ、

食べたあとの満足感はしっかりある。

お次のポイントは麺だ。

使っている麺は酒井製麺。

家系の直系と許されたお店しか使うことができない家系御用達の麺だ。

もちもちした中太麺がスープによくからまる。

当然ながらあっさりとした近藤家のスープとも相性バツグンだ。

チャーシューは肉厚があり脂身は少なめ。

これまた塩気きいているのでご飯がすすむ。

カウンターの備えつけは、

  • ニンニク
  • コショー
  • 豆板醤
  • ラーメン酢

ニンニクでコクをだし、豆板醤で辛みの変化が楽しめる。

さらに直系では定番のラーメン酢。

家系の濃厚なすーぷに見事な味変をくわえてくれる。

サイドメニューも一目おく

小鉢

近藤家はラーメンだけじゃない。

サイドメニューにも自慢の逸品がある。

その名もキャベチャーだ。

キャベチャー

味付けは醤油・ごま油・ニンニク。

シンプルながら塩気がきいていてよい。

おつまみ、おかずにとやみつきになる。

量も多いので食べ応え抜群だ。

そのまま食べるのはもちろん。

ラーメンにトッピングされている海苔に巻いて食べてもいいし、

ラーメンに入れても味の変化を楽しめる。

ラーメン

このキャベチャーはオーナーが本牧家にいた際に、本牧家オーナーと共同で開発したメニューだそう。

何気ないサイドメニューにもヒストリーを感じる。

類稀ない経験を積んできたオーナーだからこそ生み出せるメニューなのだろう。

一度食べてみれば名物になっているのが納得できる。

家系のルーツに近い味!?

ラーメン仕込み

家系ラーメンでもかなりあっさりとしている部類である近藤家の味。

イメージしていた家系ラーメンと比べれるとさっぱりとした印象だった。

しかし、家系ラーメン好きには創業当時の吉村家に1番近い味と評価されることが多い近藤家。

家系ラーメンのとんこつ醤油はあっさりでありながら鶏油が効いていて味が薄いわけではない。

この鶏油が最大の特徴だろう。

こってりさは無くともしっかりと食べ応えを感じさせてくれる。

あっさりとした中にも奥深い味わいが濃縮されているスープに、もちもちした中太麺を絡まるハーモニーは最高の一杯だ。

ラーメン

コメントを残す