引越しでそんしないために!かしこく選べば費用をおさえられます。

年度が終わるにつれ新年度にむけ転勤や異動など人が動く時期ですよね。

でも引越しのシーズンは決まっていて昨今の労働人口の減少により引越し料金の高騰。

それだけでなく引越し時期は一斉に集中するので業者を確保できなく引越ししたくてもできない。

こんな状況が待寄せています。

情弱スター

まー関係ないでしょ。

ムテキスター

引越しのタイミングは突然やってきます!

引越しは自分の予定だけでは済まないこともあるのです。

いずれにしろ年度が新しくなるタイミングで引越しする方が多いですよね。

わかっていても忙しい毎日を過ごしている中で引越しの準備は慌ただしいものです。

ここでは突然引越しをしなければならなくなった時も慌てず少しでも費用を抑えて引越しできるよう引越しを幾度か経験し費用をできるだけ抑えることに成功した私が引越しを安く済ませるポイントをいくつかあげていきたいと思います。

実際私はこの方法で相場の1/3の金額で引越しすることができました。

前回単身で引越した時よりも4人家族で引越した今回の方が圧倒的に安かったのです。

ここまで価格にこだわって突き詰めた結果をご紹介していきたいと思います。

引越し業者からはブーイングが起こりそうですが、引越しを控えている皆さんにこの記事がお役に立てればうれしいです。

引越しのタイミング

まずは一番費用に直結しやすい部分で、このタイミングをコントロールできればかなり費用をおさえられる可能性があります。

可能であればここのタイミングをずらしてあげると費用をおさえられるので調整できるのであれば積極的に調整することをおすすめします。

シーズン

引越し時期のタイミングは好き勝手に決められないことが多いと思いますが、シーズンによって引越し料金にかなり変動があるのも事実。

新年度に合わせ引越しする人が多いので引越しシーズンの最盛期は3月〜4月初旬。

引越しが重なる時期です。

当然引越し料金も高くなりますし、そもそも引越し業者を確保できないなんて事態になることも。。

引越しのタイミングによって料金がかなり変動があるので、調整できるのであればこのタイミングをずらすことが有効です。

具体的には3月中旬から4月初旬が一番のピークなのでここを避け、3月初旬もしくは4月も1周目を過ぎると落ち着いてきますので早めに動くかもしくはピークが過ぎるのを待ってから動きだすのがいいでしょう。

またゴールデンウィークや夏休み、年末などまとまった休みが重なる時も引越しをする方が多いので避けられるのであれば避けるのが無難です。

逆に一番落ち着いているのはお正月明けの1月。ゆったりとしていて比較的こちらの都合も通しやすく価格交渉もしやすいです。

日時

当然ですが土日にする人が多いので平日に調整できるのであれば平日にしましょう。

引越しシーズンのピークでも平日ならまだ空きがあるなんてこともあるので平日が断然狙い目です!

時間

引越しする時期や日にちが決まって実際引越しする際の時間帯によっても引越し料金が大きく変わってくる場合があります。

引越し業者にきてもらう時間帯が大きく分けて2つ。引越しが重なる繁忙期には3つの場合もありますが、引越し業者にきてもらう時間が午前と午後(繁忙期は+夕方)に分かれています。

引越しはできるだけ早く済ませて荷ほどきをしたり、他のことに時間を当てたいのから午前便にしたい!って気持ちはわかりますが午後便にすることで価格交渉できる場合があります。当然午後便に人気は集中するのであえて午後を選択することで引越し業者との交渉を優位的に進めることができます。

大体引越し業者は1日2組か3組の引越しをこなします。

その日の引越しを済ませてしまえば仕事が完了するので、当然引越し業者は効率よく引越しを済ませちゃいたいです。

心理的には午前の1組目をさっさと済ませお昼休憩をとり、ひと息ついたら2組目をこなして仕事を終わらせたいと思っています。

なので午後便にしたところで意外と予定より早くきてくれたりします。

なので午前でも午後でもたかだか数時間の差にしかならない場合もあります。

しかもある程度の規模感の引越し業者だと近隣で同じく引越しをしていた仲間をヘルプで呼んで合流して手伝ってくれることもあります。

もちろん別料金はとられく最初の提示された金額内でまかなってくれます。

なので午後に来てもあっという間に引越しを完了してくれる可能性があり場合によっては午前便より少ない時間で引越し作業を終わらせてくれる可能性があります。

先ほども書きましたが引越し業者がヘルプを呼んで引越し人員を増やして当初の作業内容が変わっても別料金が発生しないという点。

引越し料金を設定するのはあくまでも訪問見積もりをした営業マン、実際引越しをするのは作業員で現場の状況に合わせ臨機応変に対応します。

ここにポイントがあり引越し業者は営業とサービスとが役割を分離しているという点。

営業マンは引越しの契約を決めてしまえば自身の仕事は満了なので、多少無理してでも契約を取りにきます。

作業員は引越し作業をして受注した引越し案件をこなすことが役目なので引越し費用は関係なく効率よく作業を終わらせたいです。

詳しくは後ほど記述しますがここに交渉の余地が生まれてくるのです。

引越し業者を決める

引越しの日時を決めたら実際お願いする引越し業者を決めるわけですが、

ここでの業者選定によって引越し費用に大きな差があらわれます!

ここでは費用をできれだけおさえるための引越し業者の選定のしかたを説明したいと思います。

ちょっとした裏ワザの方法ですのでみなさんもぜひ試してください。

一括見積もりをとる

引越し侍という一括見積もサイトに無料登録すると一斉に引越し業者に見積もり依頼をすることができます。

登録する情報は一回だけで簡単な引越し情報を入力するだけで済むので大変便利です。

でも引越し侍を利用する本来の目的は別にあります。

一括見積もりできるのは便利なのですが実際に見積もりがでてくる金額は正直あてになりません。

実際は最低料金での見積もり提示で、相場の判断にもならないのが正直なところです。

情弱スター

じゃあなんで利用するの?

ムテキスター

ここに裏ワザの真意があります!

情弱スター

???

ムテキスター

説明しよう!

一括見積もりに登録すると複数の引越し業者からアプローチがきます。

電話にメールにアプローチが複数社からくるので若干ウザいです。

正直うっとおしいんですけど業者選定に必要な訪問見積もりの打診があります。

この訪問見積もりをうまく利用するのです!

営業マンに自宅を訪問されるのは気がのらない方も多いと思いますが引越し費用をおさえるためには避けて通れませんので覚悟しましょう!

引越し侍で一括見積もりをする

訪問見積もりの順番

さてここでは業者による訪問見積もりのとり方を説明します。

実際業者の選定部分になるので重要なポイントです!

訪問見積もりをとる業者の順番にポイントがあります。

順番1
大手引越し業者
大手引越し業者だけあって金額は上限だと思いましょう。ここでは相場感を知るというよりはサービスの質を確かめるのが目的です。金額が高い分至れり尽くせりなサービスだと思います。
順番2
地域密着地元業社
次にアプローチしてくる業者で名前を聞いたことがない地域密着の地元業社 に訪問してもらいましょう。

地元業社は規模感もなく知名度が低いので差別化を図るために価格競争しています。

ここでは相場の下限の金額を引っ張り出します。

先ほどの大手業社に比べ安さに圧倒的な魅力があり飛びつきたくなりますがグッと我慢した方がいいです。

規模感も小さくコストを徹底的に削ったサービスなので質は期待できません。

ヘタすると家財を傷つけられたり家を傷つけられてしまうかもしれません。(全ての業者が該当するわけではありません。)

徹底的に引越しコストを削りたい方は視野に入れてもいいかもしれません。

順番3
中間ランク業者(本命)
いよいよ本命の業者の訪問見積もりです。先述の業者によっての引越し料金の上限・下限はある程度把握できたと思います。理想の料金を導き出しそれに向けて交渉をします

訪問見積もりをしてもらったら必ず名刺にも値段を書いてもらいましょう!

これは本命業社への立札として提示できる武器になります。

見積書を出してくれるところもありますが細かく内訳がわからない方が都合いいと思います。(自分の頭ではある程度把握しておくこと!)

細かいところはむこうの方がプロですのでトータルの金額で交渉した方が有料です。

「先ほどの業者はこの金額を提示してくれましたよ。」と名刺を印籠がわりに提示すると効果ありです。

1番目・2番目の業者は本命でないので「検討します。」と伝えお引き取り頂きましょう。

ここで注意が必要なのですが業者からのクロージング営業トークで

即決特別料金という魔のワードが必ずでてきます。

訪問見積もり時のいま即決してくれたら特別料金でいいですよと提示してくるのです。

これは心理学的に損失回避の法則という手法です。

いま買わないと、今決めないと損してしまうという人間の心理をついてきているのです。

ここは冷静になりましょう。

なぜ訪問見積もりに順番をつけ本命を最後にもってきたのかという理由がここにあるのです。

1番目の大手業社で即決だと金額は高いけどここまでのサービスがついてくるというところを引き出し、

2番目の地元密着業者ではサービスはとことん削って即決の場合の最低金額を引き出します。

これを武器に本命業者との交渉に望んでください。

あっ!くれぐれも即決だからこの金額とまでは言わなくていいですよ。

あくまで金額の提示でいいのです。

  
ポイント
訪問見積もりは実質業者を決めるタイミングなので訪問見積もりの順番が大切です!
大手引越業者のプランを徹底比較
    訪問見積もりの順番
  1. 大手引越し業者
  2. 地域密着地元業者
  3. 本命(中間業者)

引越し費用をできるだけおさえる

本命業者との交渉に入っていくのですが引越し業者に求めるサービスをどこまで設定するか今一度整理していくことをおすすめします。

プラン

引越しプランには基本料金からオプションまで幅広く料金設定されています。

複数社の訪問見積もりである程度把握できたと思います。

大手引越し業社が提示するフルサービスから価格重視で最低限のサービスまで自分の求める最低限のラインを設定しましょう。

できることは自分でしよう

自分でまかなうことで費用をおさえれれる可能性が高い項目を具体的に記載します。

  1.  梱包は自分でする
  2.  ダンボールを営業所に取りに行く
  3.  洗濯機は自分で設置する
  4.  トラックの積載量、作業人数

この項目がオプション料金で金額に上乗せされている可能性が高いです。

面倒だったり不安な場合は業者に頼むのもいいですが自分でもできるので費用をおさえたければ取り組みましょう。

1.  は梱包作業員を見積もりに組み込まれている場合があります。

梱包の手間はかかりますがすぐに使わないものから地道に梱包していきましう。

2. 段ボール枚数も金額をおさえるほど制限がでてきますがある程度の規模感ある引越し業者だと営業所に出向けば再利用の段ボールを制限なくもらうことができます。

とりにいく手間はかかりますが荷物が収まりきらなかったなんてことを防げます。ちなみに引越し業者は大物を除いた荷物は段ボールに梱包されていないと運搬してくれません。

3. 洗濯機の設置でも4・5千円とられます。持ち出しは無料でやってくれるのに設置はなぜか費用が発生します。

設置を自分でなんてできないと思うかもしれませんが、設置といっても洗濯機置き場までは運搬してくれます。

排水ホースを差し込むだけなので自分でやりましょう。(確実に差し込まないと水浸しになる恐れがあるのでご自身でやる場合は注意。自己責任でお願いします。)

4. トラックの積載量と運搬人数は業者と相談し必要最低限にしてもらいましょう。当然ですがトラックの大きさと運搬人数で料金が変わってきます。

設定料金はあくまで契約時に発生するので、多少心もとない容量や人数でも引越し作業の際は責任もって対応してくれます。

引越し時間帯のところでも書いた通り業者の方でヘルプを読んだり臨機応変に対応してくれるものです。

自分も積極的に運搬手伝いますなど言って必要最低限にしてもらいましょう。

引越し業者との交渉

地域業者からの最低料金を提示

必要最低限プラン

あまり無茶ばかり言うと引き下がられる場合もあるのでギリギリラインを探し出し駆け引きしてください。

最後は泣き落としです。

本命の業者だと伝え、できればあなたのところでお願いしたいと念押しましょう。

営業マンも人の子です。ハートで伝えればきっとわかってくれるはずです。

交渉次第で10万以上も差がでる引越し料金。

少しでも費用をおさえて新生活の準備にあててはいかがでしょうか。

みなさんの新生活がいいスタートをきれますように。

コメントを残す