読み手の行動を自在に操れたら。人を動かす文章術とは!

情弱スター

ブログを書いても書いても読まれない…

ムテキスター

もしかして文章の書き方に問題があるかも!

情弱スター

文章の書き方っていっても習ったことないし…

ムテキスター

文章には書き方や人を動かす文章術があるのです!

私もこの本に出会えるまではやみくもにブログ記事を書き、ただ自分が書きたいことをやみくもに書きつらねていました。

その本はDaiGoさんの人を操る禁断の文章術です。

Daigoさんの人を操る禁断の文章術を読んでみて、ブログを書く身としては目から鱗の内容ばかりでした。

一度読んだだけでなくいまでも何度も読み返して内容を補完しているほどです。

これは2015年発行の本ですが10万部以上売れていていまだに売れ続けているにはそれだけの内容が濃いのだと証明しています。

ここではネタバレありですが内容をまとめてみました。

この記事を読んでもらえばDaigoさんの「人を操る禁断の文章術」をかいつまんで要点を理解することができると思います。

みなさんの文章を書く力に役立てればうれしいです。

人を操る禁断の文章術

この本は文章が持つ力は無限大ということを事例を用いながら具体的なテクニックをわかりやすく解説しています。

「書かない」3原則で人を操る

書かない3原則

  • あれこれ書かない
  • きれいに書かない
  • 自分で書かない

あれこれ書かない

あえて短い文書で相手の想像力を利用して行動を導くこと。

相手にどんな行動をして欲しいか考えながら書くことです。

ぜひそうしたいと思わせるテクニックです。

きれいに書かない

きれいに書かない理由は、人間は心にささらないと動かされないからです。

人は論理でなく感情で動くのです。

その行動を理屈をつけ正当化しているのです。

自分で書かない

文章は書くまえに良し悪しが決まってしまうのです。

自分で書かないとは自分の書きたいことを書くのでなく

何に悩みを抱えているのか?どうしたいと願っているのか?

これをわかっていると書くべき文章も決まってきます。

人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まない

読み手の欲求に寄り添う「知りたい、学びたい、そんをしたくない」というマインドリーディングを7つのトリガーで説明しています。

7つのトリガー

  1. 興味
  2. 本音と建前
  3. 悩み
  4. ソン・トク
  5. みんな一緒
  6. 認められたい
  7. あなただけの

これらの7つのトリガーを駆使しながら文章を書くことで読み手の感情に寄り添い行動を動かす動機づけを促していくことを大事にしています。

また人類が誕生してからずっと私たちの心を動かしてきたもの。

人間の不安はHARMに集約されると説明しています。

HARMとは?

H (ヘルス) 健康・美容

A (アンビション) 夢・キャリア

R (リレーション) 人間関係、結婚

M (マネー) お金

世代によって違う悩みがあるので世代に合わせたHARMにあてはめて文章を書くと有効的です。

5つのテクニックに従って書く

  1. 書き出しはポジティブに
  2. 何度も繰り返す
  3. 話しかけるように書く
  4. 上げて、下げてまた上げる
  5. 追伸をつける

書き出しはポジティブに…。一番読まれるのは…。追伸・PSをつける。

メールは最後からかく。などの5つのテクニックを具体的な例えを使いながら事細かに説明しています。

本の内容を体現する

発売から5年経っても売れ続けている文章を書くノウハウがぎっしり詰まったこの本は本当に有益です。

文章を書く3原則や、読み手を動かす7つのトリガー・5つのテクニックを具体例をもりこみながらわかりやすく説明したノウハウ本です。

何度も読み返して内容を染み込ませることを強くおすすめします。

そうすれば自然と人を動かせる文章術を意識しないでも書けるようになるでしょう。

実際私も本の内容を何度も理解して文章に取り組んだらブログから収益が発生しました。

その方法を詳しくまとめました

副業でアフィリエイトとは?アフィリエイトの始めかた。実際3,000円稼いでみてわかったこと

本は一度読み終えると満足してしまって内容を理解したつもりでも意外とおぼえていません。

時間が経てばなおさらです。

もし本の内容をきちんとおぼえていれば世の中には有益なビジネス本や自己啓発の本があふれているのですから成功者ばっかりのはずですよね。

でも現実はそんなことありません。

ほとんどの人が本を読み終えたことで満足し具体的に実行してません。

結果忘れていってしますのです。

情弱スター

でも本を何度も読むのは大変

ムテキスター

ながら読書ができるオーディオブックが便利!

情弱スター

オーディオブック??

ムテキスター

Amazonが提供するオーディブルなら本の内容を聴くだけ!

Amazonが提供しているオーディオブックサービスのAmazonオーディブルなら本の内容を朗読してくれるので聴くだけでいいんです。

なので通勤中や運転中、ランニングや家事をしながら時間を有効活用しながら本を聴けちゃうんです。

本は何度も読み込むことで内容の理解度が増しますが本を何度も読み返すのはつらいです。

時間も限られているサラリーマンならなおさら。

Amazonオーディブルなら何度も聴くことができるので、ながら読書をしながら本の内容が自然と身につきます。

私もいままでは本は一度読み終わったら満足していましたが、時間が経つと結局何もおぼえていない状態でした。

ただ本を読み終えてことに満足していたのです。

本を読む目的は読み終えることではなくて、内容を体現してこそ本を読んだ価値があるのに本来の目的からずれていましたね。

Amazonオーディブルにしてからは何度もながし聴きで内容を補間できるので自然と本の内容が身につきます。

Amazonオーディブル

 

Amazonオーディブルは本のタイトルも豊富にあり気になっている読みたい本が必ず見つかるはずです。

しかも会員特典がお得すぎて利用しない理由が見つかりません。

いつでもどこでも本が聴ける

いつでも場所にとらわれず何かしながら聴くことができるので本を持ち歩く必要ないですし、通勤中やランニング中でも聴けて何かしながらでも本を聴くとができます。

最初の一冊は無料

最初の一冊目は無料で付与されるのでまずは試してみてはいかがでしょうか!

自分に合わなければ30日の間に退会してしまえば一切費用はかかりません。

しかも手に入れた本はそのまま聴き続けることができます。

実質無料で一冊手に入れることができてしまうんですね。

この機会に利用しないてはありません。

このキャンペーン中にぜひ体験してみてはいかがでしょうか!

30日間無料体験はこちら

会員なら返品が交換可能、退会も自由に

ここまでのフルサービスなのに関わらず会員はタイトルの返品交換ができてしまうのです。

読みたい内容ではなかった、朗読の声が自分に合わなかったなどの理由で返品交換できるのでタイトルの購入ハードルは一気に下がります。

なんとも至れり尽くせりサービスですよね。

しかも退会もかんたんにできちゃいます。

まずは30日間試してみて合わなければすぐ退会できちゃうので試すだけでも価値ありです!

それだけAmazonオーディブルはAmazonが自信をもって提供しているサービスなのでしょう。

月額1,500円で利用できる

このサービスがなんと月額1,500円で利用できちゃうんです。

それだけでなく毎月1つ付与される「コイン」で好きなタイトルを購入できるんです。

タイトルの値段にかかわらず毎月一冊コインと交換できちゃうので毎月一冊以上本を買うかたは断然お得!

1,500円以上のタイトルと交換すれば本を購入するより得しちゃいます。

しかも会員なら追加料金なしで楽しめるコンテンツや30%OFFでの単品購入もできるんです。

もはや利用しない理由がありません!

この機会に本を読む。じゃなくて本を聴く習慣を取り入れていまより成長した自分を手に入れてはいかがでしょうか。

→Amazonオーディブルを無料体験してみる

2 COMMENTS

コメントを残す