燻製チャーシューが香り際立つ横浜家系ラーメンの最高峰 環2家

ラーメンのジャンルでも独自の文化を

培ってきた横浜家系ラーメン。

そんな横浜家系ラーメンのど真ん中を

突き進み歴史を牽引してきた

ラーメンがここ環状2号線にある。

その名も環2家だ。

場所は横浜上永谷の環状2号沿いにある。

ここ環状2号は名だたるラーメン屋が

軒を連ねるラーメン激戦区だ。

そんな一角に堂々と店を構える環2家。

訪れる多くの家系ラーメン好きを

唸らせ胃袋を満たしてきた。

いつも平日の横浜釣行のナイトゲームに行く

腹ごしらえに立ち寄るのが

お決まりのルーティン。

夕方17時の夜ご飯には早すぎる

飲食店では一般的にアイドルタイムと

呼ばれる仕込み時間にお邪魔するのだが

他のお客さんがいなかったことがない

ほどの実力店だ。

立地はお世辞にもいいとは言えず

一番の最寄駅は横浜市営地下鉄「上永谷」

から徒歩15分。

近くのライバル店もさすがに閑古鳥が

ないているなかここ環2家だけは

お客さんが入っているのです。

知る人は知ってる、

というより環2家の味に魅了され

リピートしてるんだろうなという先客が

入れ替わり立ち代り入っていくなか

入店です。

券売機でチャーシュー麺、味玉、ライス

を購入しお好みは「薄め、かため」が

マイデフォです。

環2家のスープは結構塩っ気が効いていて

普段濃口が好きですが薄めで丁度いいです。

周りをみていると

やはりほとんどの常連さんも

「薄め」でオーダーしてました。

ほどなくして着丼!

このビジュアル!!

まさに家系の王道です。

それもそのはず。

いまはオーナーもかわり

直系ではないものの

横浜家系総本山「吉村家」の暖簾分けをした

お店なのです。

直系は外れたものの

その伝統は惜しげもなく

継承されていて

卓上の調味料や

きざみしょうがなんかは

まさに本家そのまま。

まずはスープを一口。

家系独特のとんこつ醤油の香りが

口一杯に広がります。

麺も直系のみ使うことが許されている

酒井製麺のもちもち麺が濃厚なスープに

よく絡まります。

ほうれん草、海苔、チャーシュー

トッピングが家系王道のデフォルトです。

ここの燻製が利いたチャーシューが

格別でいつもチャーシュー麺を頼んで

しまいます。

なんともいえない燻製チップの香りが

両頬をおとします。(*´ω`*)

家系ではライスが鉄板で

濃いめのスープに海苔を浸して

ライスを巻いたり

トッピングの少し塩気が効いた

味玉をまぶしたり

もう止まりません。

日本人に生まれてよかった!!

気づけば麺も少なくなり

終盤戦。

ここで直系直伝のラーメン酢を

ひとまわりスープに投入します。

見事なまでの味変が完了し

スープを飲む手が止まりません。

一気に加速し丼に両手をかけ

天を仰いでいました。

はい。完飲です。

このラーメン酢が不思議で

はじめはラーメンに酢!?なんて

考えられなかったですが

試しに入れてみたらビックリ!!

また違った味わいに変化し

一度で2つの味を楽しめます。

これを入れてから

毎回丼の底が見えるようになりました。

完食・完飲してしまうんです。

スープを飲む手が

止められなくなるんです。

まさに隠し調味料。

そんなこんなで

無我夢中で食した

環2家ラーメンも

あっという間でした。

また今回も闘魂注入されました。

みなさんも本物の家系ラーメンを

食べに訪れたらいかがですか。

コメントを残す