スノーピーク大型ロッジシェルターのグランベルクM/Lを比較してみた

グランベルク アイキャッチ

アイキャッチ出典:snowpeak
スノーピークから大型ロッジシェルターが発売されたけど大きさが2種類あって迷ってしまう…

悩んでいる人

こんな疑問を解決しよう!  

本記事の内容
  • スノーピーク大型ロッジシェルターのグランベルクとは?
  • ロッジシェルターM/Lの違い

ムテキスター

キャンプにどっぷりハマって訪れた全国のキャンプ場は50カ所以上。家族をまきこみながらアウトドアで大自然とたわむれているファミリーキャンパーのムテキスターが書いてます⭐️ 保有しているキャンプギアはもうすぐ100個以上に。絶賛増殖中〜(笑)。 キャンプマニアの一押しギアもご紹介していきますね!

グランベルクとは?

グランベルクL
出典:snowpeak

スノーピークが2021年5月に発売した待望の新品のテント。

スノーピーク最大の広さを誇る大型ロッジシェルターだ!

「ゆったりと自然を楽しむ、豊かに過ごす」というコンセプトのもとグランピングのようなゆったりとしたキャンプを楽しめる2ルームシェルター。

最大の特徴は、他に類をみない広さがある大型シェルターの形状だろう。

いままでにない広さのテントはまさに規格外の大きさだ

大きいだけに価格もするので判断も慎重になってしまう。

サイズも2種類あり、どちらを選んでいいか迷うところ。

今回は、そんなスノーピークから新作リリースされたグランベルクを比較してみよう!

ポール

グランベルク
出典:snowpeak

グランベルクは3本のメインポール6本のサブポールを使用して設営する大型ロッジシェルターだ。

骨組みがしっかりした構造で安定感は抜群。

大型のシェルターにも関わらずバランスのよいポール配置で大型ながら耐風性を備えている。

また、サブポールを外側に押し広げることで広々とした空間を生み出すことに成功。

開放感あるリビングスペース

グランベルク
出典:snowpeak

前後パネルやサイドウォールを巻き上げれることができ、開放感のあるリビングスペースを確保することができる。

バリエーション多く巻き上げることができ出入口やサイドまでレイアウトも自由自在だ!

快適な空間

クランベルク
出典:snowpeak

サイドウォールを広くメッシュパネルにできる部分が多く、開放感ある快適な空間を演出してくれる。

出入口とサイドウォールを巻き上げるとオープンタープのような風通しのいいリビングにできる。

反対にフルクローズにすれば外気から守られ、天候に合わせた空間を確保できる。

グランベルク
出典:snowpeak

スカートもしっかりついており防風・防寒対策もバッチリ。

長めのスカートで隙間から入ってくる風をシャットアウトしてくれる。

スカートがあるなしで防寒に大きな差がでてくるからありがたい。

このスカートも当たり前のようについているのもうれしいポイント!

快適な空間に調整できる仕組みはキャンプのことを知り尽くしたスノーピークならでは。

ムテキスター
ムテキスター

さすがあらゆるフィールドを理解しているスノーピーク。

ツボを押さえてる!

素材

グランベルク
出典:snowpeak

まるでコットンのようなさわり心地のポリエステル生地を使用している。

テカリの少ない雰囲気のある生地感に仕上げている。

スノーピークらしい高級感を十分に発揮している質感だ。

ムテキスター
ムテキスター

スノーピークならではのラグジュアリーな質感がいいね♪

M/L比較

グランベルク
出典:snowpeak

ただでさえ広いロッジシェルターだが、大きさが2種類あるのも悩ましいところ。

M/Lの違いはどのくらいあるのだろうか?

グランベルクM

クランベルクM
出典:snowpeak

グランベルクMは1家族がゆったり過ごせる広さになっている。

区画サイトを利用するファミリー向きだろう。

オートキャンプ場を利用するシーンが多ければグランベルクMが実用的かもしれない。

グランベルクM

グランベルクL

クランベルクL
出典:snowpeak

グランベルクLは2〜3家族が集まってコミュニティースペースとして使える広さ。

2〜3家族分のテーブルやチェアも余裕で配置できるし、インナーテントもかなりの広さだ。

フリーサイトで区画の広さが関係ないキャンプ場やグループキャンプにおすすめだろう。

かなり大きいので区画サイトだと厳しそう。

サイズを気にしなければこれほど開放的なテントは他にないだろう。

他と差をつけれるならグランベルクLだろう。

ムテキスター
ムテキスター

キャンプフィールドにあったら圧倒的な存在感間違いなし!

グランベルクL

サイズ比較

グランベルクMグランベルクL
価格(税込)¥206,800¥261,800
サイズ(縦・横・高)440×680×240(cm)520×860×240(cm)
重量24kg29.5kg
収納サイズ本体/82×31×34(h)cm、
インナールーム/77×21×24(h)cm
本体/88×31×35(h)cm、
インナールーム/77×21×24(h)cm
対応人数3-5名5-7名

オプション

ここで注意が必要なのだが、専用のインナーマットは付属していないので別途用意する必要がある。

さすがはスノーピーク(汗)オプションのインナーマットもラグジュアリーな価格帯。

しかし、当然だけど専用のインナーマットはしっくりくる。

懐事情と要相談だが、あわせてそろえたいところ。

グランベルクM インナーマット

グランベルクL インナーマット

さらに設営には打ち込み長さ25cm以上のペグ10本が別途必要になってくる。

スノーピークの代名詞。ソリッドステーク!

強靭なペグは岩までも貫通させてしまうほどの耐久性。

スノーピークのテントとあわせてそろえたいところ。

ムテキスター
ムテキスター

ソリステはスノーピークの名作中の名作だね!

ソリッドステーク

大型シェルターだけにしっかりとペグを打ち込まないと安定感も悪くなってしまう。

防風で吹き飛ばされてしまったら破損や大事故になりかねない。

しっかり打ち込めるスノーピークのペグハンマーも名作品だ!

ペグハンマー

家でもキャンプでも!持ち出せる卓上コンロ。スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」

コメントを残す