釣ったイナダでブリ大根ならぬイナダ大根

今回は横浜釣行で釣り上げてきた

イナダで料理をしてみたいと

思います。

 

横浜釣行の様子はこちら↓

チャーターボートでナイトゲーム。ランカーサイズのシーバスをゲット!

 

 

イナダといえば

イナダ→ワラサ→ブリと成長していく

出世魚で関西ではハマチと呼びます。

ブリと聞くと一番に出てくる

料理のイメージは

ブリ大根!

ならばイナダで

ブリ大根ならぬイナダ大根も

出来るだろうと

思いたち作ってみました。

 

それでは早速作ってみましょう。

材料

イナダ 半身

大根 半分

ねぎ 半分

*水 360cc

*しょうゆ 大さじ4

*みりん 大さじ4

*砂糖 大さじ2

*しょうが 小さじ1

*顆粒だし 小さじ1

大根を5cm感覚で切って

面取りをします。

鍋に切った大根を入れ

米のとぎ汁で下茹でします。

ある程度火が通ったら

イナダも一緒に湯通しして

臭みをとります。

別の鍋で*の調味料を火につけ

煮たったら下茹でした

イナダと大根、ねぎを入れ

落し蓋をして

20分ほど煮汁が

染み込むまで煮込みます。

ポイント!

味が染み込むのは

冷ましているとき。

熱々の状態で

そのまま食べたいですが

グッとこらえて

一度冷ましましょう。

この過程で

味が染み込んでいきます。

煮込みは基本

鍋にぶち込んで

放置して冷ますだけなので

思ったほど

手間もかかりません。

けどばりばりご飯が

進みます。

日本人に生まれてきて

よかったとかみしめる

瞬間でもありますね。

みなさんも煮込み料理で

日本の良さを感じてみませんか

 

コメントを残す