チャーターボートでナイトゲーム。ランカーサイズのシーバスをゲット!

かなり寒くなってきて

すっかりウィンター

シーズンの到来ですが

この時期はランカーサイズの

シーバスが

狙えるってことで

横浜でボートをチャーターして

ナイトシーバスフィッシングに

行ってきました!

チャーターボードだと

おかっぱりからは狙えないような

キワのポイントを

攻めることができたり

周りを気にしなくていいので

気軽に楽しめます

クルージングを楽しみながら

ランガンスタイルで

自分のスタイルに

あわせたフィッシングを

楽しむことができます。

タックルはいたってシンプル

基本おかっぱりでやる

準備で問題ありません。

ロッド

ボートで手返しよく

キャストできる長さを選びましょう

ボートではポイント近くまで

アプローチできるので

小回りがきく長さが有利です

7フィート以下じゃないと

持ち込めないボートもあります

リール

シマノ エクスセンスci4+3000MHG

とにかくめちゃくちゃ軽い

小ぶりだけど頑丈でパワーも充分

投げて巻いてを

繰り返しても疲れません

ライン

ラインはpeを用意しましょう。

ランカーサイズに対応するには

PE1.0号以上が安心です。

リーダー

リーダーはフロロ20ポンド以上がいいです。

ルアー

メガバスx80

ナイトはこれ一択でもいいぐらい

上を見上げるシーバスの

頭上に猛アピールしてくれる

鉄板ミノー

釣り上げたほとんどはこれ使ってました

実績ナンバー1ルアー

防寒着

防寒対策は必須です。

海上はさえぎるものが

ないため外気を

モロにくらいます。

寒くなっても

逃げ場がないため

陸より重装備でのぞみましょう。

ワークマンのイージスは

ライダーから爆発的な支持をえた

コスパ最強の防寒着です。

毎年シーズンになると

売り切れ続出するほどの人気。

毎年争奪戦必死です!

カイロ

ひそかに釣りアングラーの

あいだでは冬場の鉄板に

なっているカイロ

「巻きポカ」

寒さは手足の指先から

冷えていきます。

手首・足首を温める

ことで血流を温め

循環させることで

寒さ知らずです。

その発想は

今までなかった

釣りだけに

目からウロコ商品です。

他の細かいものは

チャーターボートで

用意してくれてることが

多いので

基本的におかっぱりでするのと

同じ用意で問題ないと思います

ライトに照らされた

ボートが停泊してる

マリーナは

ラグジュアリーな雰囲気

ここから出船します

湾内のポイントを

ランガンしていきます。

湾内なので波も比較的

穏やかで釣りもしやすいです

大型船が停泊しているわきや

バースのキワに

通していきます

明暗がはっきりしているところも

鉄板ポイントで暗いところから

ライトで照らされた明るいところに

ルアーを通してくると激アツです!

ナイトではこういったポイントも

絞られるので

ある意味わかりやすく

攻めやすいです。

ポイントをガイドしてもらい

1箇所目から

何回かキャストしてると

「ガツン!!」

ルアーをひったくる

ような感覚の

力強い引きがあります。

シーバスのこの引きを

一度あじわったら

やめられませんよね^_^

巻けども巻けども

ラインをひっぱる

「ジジジー」という

ドラグ音がたまりません。

やっとのおもいで

巻いてきても

また引っ張られを

何回も繰り返し

ガイドのキャプテンから

「ドラグの調整があまいですよー」

なんてあおられながら

なんとか必死に

ファイトし

巻いてくると

ようやく姿が見えてきます。

「でかいっ!!」

これドラグが甘いんじゃなくて

ほんとに引いてたんですよ!

なんとかネットインしてもらい

計測してもらうと

自己新の

78cm!!

そりゃ引くわけだ^^;

持ち上げたら

3kg以上あるので

手がプルプルです。。

その後もポイントを

ランガンしてもらい

大きさは

およばないまでも

数釣りも楽しめました。

ボートだと手広く

ポイントを探っていけるので

効率的に釣りが楽しめます

そんなこんなで

あっという間に

時間は過ぎて

タイムアップ。

大満足な結果となりました

みなさんもビギナーから

ベテランまで

大満足させてくれる

チャーターボートで

シーバスフィッシングは

いかがでしょうか!!

コメントを残す