前日のちょっとした一手間で簡単絶品スペアリブの作り方

スペアリブって

BBQやキャンプに定番だけど

焦げやすいし

中に火が通りにくいし

大変…

なんて思いますが

ちょっとした下準備で

かんたん抜群なキャンプの花形料理

スペアリブをご紹介します。

 

 

ポイントは簡単3つのステップ

STEP.1
ポイント1
焼く
STEP.2
ポイント2
ボイル
STEP.3
ポイント3
漬け込む
 
 
それではさっそく作っていきましょう。
 

まずはスペアリブに切り込みを入れます。

 

 

ポイントは骨との繋ぎ目に両面

各3ヶ所

縦にも3等部するような感覚で

切り込みを入れます。

そうすることで骨との

間に火が通りやすく

生焼けなんてこともなくなります。

BBQなんかで炭火で焼くと

外はこげこげなのに

中はまだ赤いなんてことよくありますが

こうした切り込みを入れることで

ちゃんと火を通すことができます。

小さなお子さんがいる

こうした下処理をしてあげると

食べやすくなりますよ!

肉に切り込みを入れたら

クレイジーソルト(塩こしょうでもOK)

を振りよくすりこみます。

このクレイジーソルトが万能で

ハーブ入りの岩塩なんですが

なんでもよく合います。

肉に魚にとにかくなんでも

相性抜群!

 

そしたら焼いて火を通していきます

えー前日に焼いちゃうの?

と思われるかもしれませんが

そう!焼いちゃうんです!!

これで当日少し火を通すだけで

すぐ食べられ時短にもなります

焼くときのポイントは

スペアリブを常温に

もどしておくこと

これで火の通りにムラをなくします

フライパンやスキレットを

よく熱し強火で

焼いていきます

 

 

こうすることで肉の表面に

まくをつくり

おいしい肉汁を

ぎゅっと中に閉じ込めてくれます

スペアリブに焼き色がついたら

お次はボイルしちゃいます。

えぇー今度は茹でるのっ!?

っておもうかもしれませんが

はい!茹でます。

これで焼いただけでは

火の届かなかった

分厚い肉の奥まで

火が通ります。

焼いて、茹でて

そんなにしたら

せっかくのスペアリブが

かたくなっちゃうんじゃ

と思われるかもしれませんが

スペアリブは適度に

脂を含んでいるので

カチカチになりません。

この下処理で肉汁を中に

たっぷりためこんだ状態で

火を通すことができます。

塩ふっただけで

味付けは?

しかも茹でちゃったら

味も何もないんじゃ!?

って思いますよね。

ここから味付けをしていきます

味付けって

もう火を通しちゃったよ

って大丈夫。

ここで登場するのが

ヨシダソース

日本ではあまり馴染みがないかも

しれませんが

アメリカでは圧倒的な人気で

定番なソースなんです。

アメリカではイチローより

有名な日本人だとか。

まさに逆輸入なソースです

日本だとコストコ や

スーパーなんかでも

扱っているところもあります。

ジッパーやジップロックに

スペアリブを入れたら

このヨシダソースを

お肉が浸かるように

注ぎます。

このヨシダソースが

万能でお肉につけたら

牛・豚・鳥なんでも

種類問わず合うんです

とにかく漬けておけば

万能ソースで重宝します

 

 

あとは冷まして

当日クーラーボックスに

入れて持ち出せばOKです。

わざわざ前日に下準備を

するのにはこの味を染み込ませる

時間が必要なんです。

味が染み込むのは

火を通している時よりも

むしろ冷めてていく時なんですね。

食べる前に少し

炭火であぶってもよし

焼いてもよし

前日の下準備で

スペアリブに火は通ってるので

温める程度で大丈夫。

前日にちょっと下準備が

必要ですが

これだけでかんたん

絶品なスペアリブの完成です。

我が家でもキャンプの時の

定番メニューになっていて

子供たちも夢中で

スペアリブをかぶりついてますよ^_^

下準備のおかげでキャンプ場では

あっという間に出来上がりますしね。

やってみるとほんと簡単だし

御馳走な一品になりますよ!

コメントを残す