キャンプにも防災にもポータブル電源をそなえよう!

ポータブル電源

もしもの時に電源が使えないと不安

悩んでいる人

こんな悩みを解決しよう!

本記事の内容
  • もしもの時に持ち運べる電源とは?
  • ポータブル電源の性能は?

ムテキスター

キャンプにどっぷりハマって訪れた全国のキャンプ場は50カ所以上。家族をまきこみながらアウトドアで大自然とたわむれているファミリーキャンパーのムテキスター(@_mutekistar)が書いてます⭐️ 保有しているキャンプギアはもうすぐ100個以上に。絶賛増殖中〜(笑)。 キャンプマニアの一押しギアもご紹介していきますね!

もしもの時に持ち運べる電源とは?

ポータブル電源

もしもの災害時に電源が使えなくなってしまったら大変ですよね?

ライフラインであるスマホの充電、モバイルやケトル・ランタンの電源など。

私たちの生活には多くの家電製品で囲まれている。

災害は突然襲いかかってくる。

このような不測の事態に備え電化製品を使えるようにポータブル電源をそなえておくと安心だ。

しかも普段のキャンプなんかにも大変役立つから1台持っておくと非常に便利。

今回はポータブル電源についてレビューしていきたい。

ポータブル電源の性能は?

ポータブル電源

便利なのはわかったけど実際どこまで使えるの?

ムテキスター

たしかにもしものために用意しておいても実用的でないと意味ないですよね?

実際どのくらい使えるのだろうか。

実用的か?

上のPowerArQの大容量626Whの場合。

公式サイトによると使える目安はこんな感じ。

容量一覧

*大容量626Whタイプの理論値

出典:PowerArQ

結構タフに使い回しても十分に電源供給できる印象。

これだけあれば安心だろう。

公式サイトはこちらから

キャンプでも役たつ

0℃以下の大自然のタフなコンディションでも耐えられるためアウトドアでも使える。

わざわざ電源サイトを使わなくても1台あればスマホやLEDランタンを充電したり、電気毛布などの家電製品を使って防寒することもできる。

本体はシガーソケットからも充電できるので車中泊なんかにも大活躍だ!

さらに別売のソーラーパネルを使えば給電しながら充電もできる。

キャンプや災害時に大いに役立つだろう。

もしものための防災用にも、キャンプにも積極的に使える電源

防災

ポータブル電源がいかに実用的に使えるかがわかっていただけただろうか。

アウトドアや車中泊に持ち出せば大活躍だし、もしもの時の電源としてそなえておくと災害時にも役に立つだろう。

コンパクトなので場所もとらなく、なにかあった時のために常備しておくと安心だ。

コメントを残す